世界の子どもにワクチンを 日本委員会

開発途上国の子どもたちにワクチンを届け、子どもたちの未来を生み出す活動を行っている民間の国際支援団体です。

世界の子どもにワクチンを 日本委員会とは?

1993年の「子どもワクチン世界会議」にて先進国は開発途上国の子どもたちのために必要なワクチンを供給しなければならないという「京都宣言」が採択されました。その宣言を受けて1994年1月に設立されたのが、世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)です。
JCVは、設立以来20年以上にわたり、1日4,000※人と言われるワクチンで予防可能な感染症で命を落とす子どもたちにワクチンを届け、子どもたちの未来を生み出す活動を行っています。

WHO/UNICEF【世界予防接種データ】2014年より

詳細はこちら別窓で開きます

ホームページはこちら

世界の子どもにワクチンを 日本委員会の主な活動

5歳未満の子どもたちを6大感染症(ポリオ、はしか、結核、ジフテリア、百日咳、破傷風)から守ることを課題とし、感染症対策を支援しています。常時支援国はミャンマー・ラオス・ブータン・バヌアツの4カ国です。ご寄付は、支援国で子どもたちに接種されるワクチン、およびワクチンを低温管理するための物資の購入に充てられます。約20円でポリオワクチン1人分、約95円ではしかワクチン1人分を購入できます。

詳細はこちら別窓で開きます

活動の収支状況

2014年度の収支決算報告です。

ワクチン供与実績の詳細はこちら別窓で開きます

活動を誠実に続けてきたことが認められ、2002年、NPO法人格を、続いて2006年には国税庁より認定NPO法人認可を取得致しました。

1994年1月 創立
2002年 NPO法人格取得
2006年7月1日 認定NPO法人認可取得
2008年7月1日 認定NPO法人認可再取得
2015年6月末まで継続して取得済み

戻る

ページ上部へ