ワールド・ビジョン・ジャパンへの寄付 世界の子どもたちに、希望と笑顔を届けよう!

ワールド・ビジョンとは? ホームページはこちら

World Vision この子を救う。未来を救う。

ワールド・ビジョンは、キリスト教精神に基づいて開発援助、緊急人道支援、アドボカシー(市民社会や政府への働きかけ)を行う国際NGOです。
子どもたちとその家族、そして彼らが暮らす地域社会とともに、貧困と不公正を克服する活動を行っています。
宗教、人種、民族、性別にかかわらず、全ての人々のために働きます。
特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパンは、約100カ国で活動する国際NGOワールド・ビジョンを構成する支援国事務所として、1987年に設立されました。
現在日本で6万人以上の方がワールド・ビジョン・ジャパンを通じて途上国の子どもたちを救うための活動に参加されています。

詳細はこちら

ワールド・ビジョンの主な活動

世界には、今この瞬間も、十分な食事、安全な飲み水、教育の機会など基本的な必要を満たされない多くの子どもたちがいます。「子ども達の健やかな成長(Child Well-being)」を目指すワールド・ビジョンの支援活動の中心に位置づけられているのが、「チャイルド・スポンサーシップ」です。
「チャイルド・スポンサーシップ」は、途上国の子どもの健やかな成長のために、子どもを取り巻く環境を改善するため、教育、保健、栄養、水衛生、生計向上などの分野で長期的な支援を行います。月々4500円、1日当たり150円の継続支援です。
チャイルド・スポンサーになっていただくと、支援地域に住む子ども「チャイルド」をご紹介します。年に1度チャイルの写真付の「成長報告」をお届けします。手紙で交流したり、支援地を訪問して会うこともできます。専用ウェブサイト「マイ ワールド・ビジョン」では、支援地域の最新情報をご覧いただけます。チャイルドと心のつながりを持ちながら、支援の成果を実感していただけます。

詳細はこちら

活動の収支状況

ワールド・ビジョン・ジャパンの2014年度の総収入は約45億円で、開発援助(チャイルド・スポンサーシップ等)、緊急人道支援、アドボカシーを柱として、世界33カ国で137事業を実施しました。
1999年に特定非営利活動法人の認証を得て、法人格を持つ民間援助機関としてその歩みを進めています。
2002年5月、国税庁により「認定NPO法人」と認定され、その後のNPO法の改正を受け、2014年8月に改めて認定されています。皆さまからのご支援金は寄付金控除の対象となります。

ワールド・ビジョン・ジャパンは「公益法人会計基準」に基づいて会計処理、及び、財務諸表の作成を行っています。また、財務諸表等について公認会計士による監査、及び、監事による監査を受けております。

正味財産増減の状況 2013年10月1日より2014年9月30日まで 詳しい会計報告はこちら

資金の集め方 資金の使われ方 活動地域 活動分野

インターネット寄付の方法

ご利用のエポスカードを使って、インターネットから簡単にご支援に参加いただけます。



世界の子どもたちの現状
今、世界では、1億6800万人の子どもが過酷な労働を強いられ、5700万人に教育の機会がなく、590万人が5歳の誕生日を迎える前に命を落としています。
この現実を前に、一人で“何もかも”はできません。しかし、”何か”を始めることはできます。
ご支援には、様々な方法があります。ぜひご協力ください。
・1回の募金
母子保健のため:途上国のお母さんと赤ちゃんのために
水・食糧のため:安全な水・食糧を必要としている途上国の子どもたちのために
難民支援のため:故郷を追われ、絶望と困難の中から立ち上がろうとする人々のために
緊急人道支援のため:災害や戦禍など緊急時に迅速な支援を届けるために
・毎月の募金
チャイルド・スポンサーシップ:支援地域に住む子ども「チャイルド」と心のつながりを持ちながら、支援の成果を実感していただけます。1日当たり150円。あなたの「思い」が「未来」を変える。
プロジェクト・サポーター:月々1,000円からの継続支援プログラム
※ご支援金は寄付金控除の対象となります。

詳細はこちら

ページトップへ戻る