WWFとは?

WWFは、約100カ国で活動している地球環境保全団体です。1961年にスイスで設立されました。地球上の生物多様性の保全と、人の暮らしが自然環境や野生生物に与えている負荷の軽減を柱として活動しています。
現在、特に力を注いでいるのは、森や海などの生態系を保全すること、木材や魚介類など、自然資源の利用を持続可能なものにすること、さらに地球温暖化を防ぐことです。
これらの活動はすべて、WWFのサポーターのみなさまによって支えられています。人と自然が調和して生きられる未来を築くために、ぜひあなたの力をお貸しください。

ホームページはこちら

WWFの主な活動

森や海を守る

地球上で優先的に保護すべき森林を見極め、違法伐採の阻止や保護区の拡大などに取り組んでいます。

海の生き物にとって重要な海域を選び、観光や開発がダメージを与えない形で行われるよう働きかけています。

  • 国立公園や保護区を拡大
  • 破壊的な開発計画の阻止
  • 自然を守る法律の改善など

野生生物を守る

生息状況の調査、保護区の拡大、密猟・密輸の監視と防止など、世界中でさまざまな保護プロジェクトを行っています。

  • 生息状況の調査
  • 生息域の保護
  • 密猟・密輸の監視など

地球温暖化を防ぐ

さまざまな影響調査を行って社会へ警鐘を鳴らすとともに、具体的な対策を各国政府や産業界に提言しています。

  • 国際会議でCO2削減政策を提案
  • 自然エネルギー(風力、太陽光)の普及
  • 温暖化による影響調査など

資源の持続可能な利用を促す

木材製品や水産物のエコラベルの普及など、自然資源を枯渇させることなく利用し続けられるような社会の仕組みづくりに取り組んでいます。

  • 国際的なエコラベルの普及
  • 違法な森林伐採の防止
  • 乱獲を防ぐルールづくりなど

活動の収支状況

サポート方法のご案内

環境保全活動への支援は、いろいろな方法があります。

戻る

ページ上部へ