クレジットカードは入会金・年会費永年無料のエポスカード

海外旅行傷害保険海外旅行時のケガや病気、
携行品の損害に対しても補償

Visa付きのエポスカードなら海外旅行傷害保険が自動付帯。
旅先でのケガやさまざまなトラブルを強力ガード!
ご出発前のお届けやお手続きは一切不要。
エポスカードをお忘れなくお持ちください。
【引受保険会社:三井住友海上火災保険株式会社】

補償の内容

海外での必要性の高い、疾病や携行品損害を重視した補償内容です。

海外での食事に慣れず、現地の緊急病院で1日入院!

治療を受けるために、実際に支出した金額(治療費、入院費、薬剤費など)に対して最高270万円まで保険金をお支払いいたします。

観光中にデジカメを誤って落とし、壊してしまった!

デジカメの損害額に応じて保険金額の範囲内で、負担分(3,000円)を差し引いた金額をお支払いいたします。

詳しい補償内容

保険の対象者
Visa付きのエポスカード会員ご本人さまのみです。
※ご家族は対象となりません。
補償期間
カードご加入日(カード発行日)の翌日以降に日本を出発される旅行が対象となります。1旅行につき最長90日間となります。
補償内容
保険の種類保険金額
傷害死亡・後遺障害最高500万円
傷害治療費用200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし)2000万円(1事故の限度額)
救援者費用100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円)20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

※携行品損害は、1個・1組・1対あたり10万円限度。

※本内容は概要を説明したもので、実際の保険金お支払いの可否は、普通保険約款及び、特約等に基づきます。

※カード付帯保険サービスの内容は、予告なく変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

プラチナ・ゴールドカードの補償内容はこちらをご覧ください。
プラチナカード会員
ゴールドカード会員
他に同種の保険が付帯されているカードを保有されている場合の保険金のお支払いについて
傷害死亡・後遺障害保険金
保険金額は合算されず、最高保険金額が限度となり、各カードに付帯する保険金額に応じて按分されます。ただし、法人カードとそれ以外のカードの場合は、法人カードとそれ以外のカード各々の最高保険金額の合計額が限度となります。
それ以外の保険金
保険金額は合算され、各カードに付帯する保険金額に応じて按分されます。ただし、支払い保険金は損害額が上限となります。
さらにカードに付帯されている保険に加えて、海外旅行保険に加入したい方は「三井住友海上の海外旅行保険」がお勧めです。 かんたん・べんりなインターネット契約サービスはこちら

ページのトップへ戻る

各種資料の
ご請求

ご出発前に、「エポスカード海外旅行ハンドブック」「エポスカード海外旅行傷害保険ご利用のしおり」を是非ご請求いただき、エポスカードと一緒に海外旅行へお持ちください。もしもの時に役立つ情報が満載です。

お電話でのお問い合わせはこちら
エポスカスタマーセンター (9:30〜18:00 ※1月1日休業)

東京03-3383-0101

大阪06-6630-0101

ページのトップへ戻る

出発前のお問い合わせ・
帰国後の保険請求の窓口

「出発前に補償内容について確認しておきたい」、「現地でケガをして通院したので、保険金請求したい」などのお問い合わせはこちらにご連絡ください。

エポスカード海外旅行保険事故受付センター

0120-11-0101(24時間受付)

※保険金請求の場合、事故発生日から30日以内にご連絡ください。

※海外からは「エポスカード海外旅行保険事故受付センター」へはご連絡できませんので、ご注意ください。

※付保証明書をご希望のお客様は、ご出発の2週間前までにご連絡ください。

ページのトップへ戻る

緊急医療
アシスタンスサービス

万一、海外旅行中に不慮のケガや事故、病気に見舞われた場合には、エポスカード海外旅行保険事故受付センターまで、お電話でご連絡ください。
24時間いつでも日本語で対応し、さまざまなサービスを速やかに手配いたします。

緊急医療アシスタンスサービスの内容
ケガや病気の場合の緊急アシスタンス・医師、医療施設の紹介、案内
・医療費キャッシュレスサービス
・患者の医療施設への移送
・患者の本国への送還
ケガや病気により亡くなられた場合の緊急アシスタンス・ご遺体の本国への移送
・現地での埋葬
その他のアシスタンス・救援者の渡航、宿泊手配
・遭難された場合の捜索
・救助など
※緊急医療アシスタンスサービスは、三井住友海上火災保険(株)が国際的アシスタンス専門会社である「AXAアシスタンス社」等との提携により提供するサービスです。
サービスの費用について
・海外旅行傷害保険で補償される金額までは保険金として精算いたしますので、会員の方の自己負担はありません。
・サービスの費用が保険金額を超えた時、または費用の一部が保険の対象とならない時は、保険で補償されない費用の不足分及び、アシスタンス会社の手数料は自己負担となります。不足分を現地でご負担いただけない場合は、緊急医療アシスタンスサービスを受けられません。
※会員資格の確認が必要となるため、一時的に費用のお立て替えをお願いする場合がございます。

ページのトップへ戻る

海外旅行傷害保険に
ついてのQ&A

  • 保険金請求に必要な書類は何ですか?

    A.事故の内容により、必要な書類が異なります。現地で手配いただく書類もございますので、エポスカード海外旅行保険事故受付センターでご案内いたします。詳しくは「保険請求に必要な書類」でご確認ください。

  • 保険金が支払われない場合もあるのですか?

    A.保険金は、お支払いできない場合もございます。詳しくは「保険金をお支払いできない主な例」でご確認ください。

  • 他にも海外旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードを持っていると補償はどのようになりますか?

    A.お持ちの他のカードに同様の保険が付帯されている場合、傷害死亡・後遺障害の保険金額は合算されません。最も高い保険金額が限度となり、各カードに付帯する保険金額に応じて保険金をお支払いします。傷害死亡・後遺障害以外の保険金額は合算され、各カードに付帯する保険金額に応じて、損害額を按分し、お支払いいたします。

  • エポスカードに付帯する海外旅行傷害保険の「付保証明書」はもらえますか?

    A.ご用意いたします。ご出発2週間前までに、「エポスカード海外旅行保険事故受付センター」へご連絡ください。

    エポスカード海外旅行保険事故受付センター

    0120-11-0101(24時間受付)

  • 緊急医療アシスタンスサービスの費用が保険金額を超える場合はどうなりますか?

    A.現地で超過分をご負担いただきます。ご負担いただけない場合にはサービスを受けられません。

ページのトップへ戻る

アプリでかんたん申し込み

EPOSNet ポイントアップサイト エポスポイントが2〜30倍! おトクなポイントサイトはこちら

エポスカード公式アプリ

海外旅行に行く前に、忘れず手続き!ショッピングご利用可能枠を一時的に増額!

  • ※ 画像はイメージです。

お役立ちメニュー